睡魔に負けた尾木ママ、錦織の準々決勝見逃す「あまりの眠さに…」

 “尾木ママ”こと教育評論家の尾木直樹氏(69)が13日、自身のブログを更新。睡魔に負け、リオデジャネイロ五輪で、男子テニスの錦織圭(26)がベスト4進出を決めたシングルス準々決勝を見逃してしまったことを明かした。

 錦織の試合は、当初日本時間で同日0時開始のところ、降雨の影響で遅れ、実際に試合が始まったのは3時を回ってから。尾木ママもその煽りを受けたようで、「あまりの眠さに 準々決勝始まると同時に 錦織圭君の体調良さげな雰囲気と これまで二回とも勝っているという 解説に 信じて夜空に流星群も曇りで見えないし ベッドに潜りました…」(原文ママ)と、睡魔に勝てず、試合を生中継で見ることができなかったようだ。

 尾木ママは、朝になってから夫人に結果を知らされ、試合を確認。「いや~すごく苦戦した感じ この戦いが要になると自己分析していた通りですね 準決勝の相手はマリー… うーん強いなぁ~ でもジョコビッチよりも…なんて変な期待持たないで今度こそライヴ応援するわよ」と、錦織が挑む準決勝の試合の“生応援”へ意気込んでいた。

注目まとめ

    アクセスランキング

    もっと見る

    ピックアップ