ファンキーなラッパー芸人、シオマリアッチ

 【ビッくらぼんの365日・芸人日記】(33)

 シオマリアッチ(33、グレープカンパニー所属) ★デビュー・2008年

 現代風にアレンジした昔話をフリップネタで笑わせるファンキーなピン芸人、シオマリアッチ。見た目はパーフェクトなラッパーだ

 --もともとミュージシャン志望だった

 「いいえ、お笑いですよ。将来は目立つ仕事がやりたいと思っていました。中学2年生のときに、幼なじみを相方にコンビを組んで、高校を卒業したら、一緒にやろうと約束しました。神奈川県の出身ですが、幼なじみと一緒に大阪のお笑い養成所に入りました」

 --なぜ大阪へ

 「大阪に行けば、ダウンタウンさんみたいになれると思って…。養成所を卒業してからは、大阪に残ってコンビで5年間やったのですが。限界を感じて解散しました。相方は引退して、今は会社員です」

 --関東に戻ってきた

 「しばらくは大阪にいました。売れるまで、東京に帰れないと思っていましたが、自分の環境を変えるためにも、帰ってきました」

 --ラップネタは

 「前からラップは好きだったんですが、そのころはあくまでも趣味でした。ピン芸人になったときに、何か個性を出さなければと思い、大好きなラップでネタを考えました」

 --手応えはあった

 「R-1ぐらんぷりで3回戦まで残れた。機は熟したと思いましたね」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ