ホリエモン、松本人志の否定的なコメントに反論「それだと伝わんない」

 “ホリエモン”こと実業家の堀江貴文氏(43)が24日、自身の発言についてダウンタウンの松本人志(52)らから否定的な意見を受けたことに対し、ツイッターで反論した。

 24日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」(日曜前10・0)で松本は、堀江氏の発言は大体間違っていないと思っていながらも「心がいつもない、だから釈然としない」と発言。俳優で歌手の武田鉄矢(67)も「身も蓋もない言い方しますね、あの方は」と否定的なコメントを出していた。

 堀江氏はツイッターで「当たり障りのない言い方で伝わればいいんだけどね。それだと伝わんないんだよね」と考えを吐露。「関係ない人にあの男呼ばわりされてるし。多くの人が思ってても言えないことを端的に言ってるだけなんだけどな」と自身の見解を述べた。

 以前には、自身が出演予定だったインターネットテレビ局の番組が熊本地震により放送自粛になった際には「勝手に何も言わずキャンセルするとはね。アホな放送局だ」と発言したり、教育評論家の尾木直樹氏(69)とは互いに“反論合戦”を行ったりと、地震に絡んだ様々な意見で話題を呼んでいる。

注目まとめ

    アクセスランキング

    もっと見る

    ピックアップ