乙武氏「妻が陣痛なう」の時、キャバ嬢口説いてた!

 プロインタビュアーの吉田豪氏(45)がテレビ朝日系「グッド!モーニング」(月~金曜前4・55)にVTR出演し、週刊新潮の不倫報道に対し夫人の仁美さんと謝罪文を出した作家、乙武洋匡氏(39)についてコメント。乙武氏が、次男出産時に女性を口説いていたことを明かした。

 2002年から取材を通じ交流のある吉田氏は、不倫旅行でのダミーの男性について「たぶん介護ですよ。トイレとか。女性じゃやりきれない部分もあるじゃないですか。カモフラージュではなく単純にサポート」とダミー報道を否定。さらに乙武氏は「よくも悪くもどうしょうもない人」とし、「女性とお酒は大好きです」と明かした。

 また、乙武氏について「モテオーラがありますよ、直接会って話すと」と分析。乙武氏と面識がある女性が「慶応大学で適度に遊んできたイケメンの男と同じにおいがする」と話していたことも明かした。

 ある日、吉田氏が飲みの席で一緒になった時は、泥酔だった乙武氏がキャバクラの女の子に「写真撮って」と言われると、「いいよ、その代わり電話番号教えて」とひたすら口説いていたと証言。その日は、夜中の2時、3時まで飲み、泥酔状態で車いすを蛇行させながら帰っていったという。その直後、吉田氏は乙武氏がツイッターに「妻が陣痛なう」とつぶやいているのを発見。「次男が生まれる瞬間に女性を口説いていたことが判明した」と驚愕の事実を告白した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ