NHK「うたのおねえさん」に濃厚車チュー50分を聞いた

 北風が吹き付ける2月中旬の夜だった。首都圏の高級住宅街の一角に白い乗用車が停まった。車内では若い男女が1台のスマホを寄り添って見ている。やがてスマホの画面を伏せると車内は暗闇と化した。そして近づく2人のシルエット。互いに見つめ合い唇が重なると、濃厚なキスを交わした。

 それはずっと抑えてきた感情が爆発したかのような情熱的なキスだった--。

 助手席に座っていた女性は、NHKの幼児向け番組『おかあさんといっしょ』(Eテレ・月~土、午前8時~)で「うたのおねえさん」を務める三谷たくみ(29)だった。

 同番組の放送開始は1959年。以来、幼児向けの教養番組として多くの子供たちに親しまれてきた。なかでも三谷が務める「うたのおねえさん」は「うたのおにいさん」や「たいそうのおにいさん」などと並ぶ番組の顔だ。

 「20代目おねえさん」となった彼女は歴代最長タイの8年間を務め上げ、この3月末での卒業を2月12日に発表。それにショックを受けたのは子供たちばかりではなく、三谷の笑顔に癒されていた父親たちの間でも“たくみロス”が広がった。

 三谷は卒業会見で、「やり切れたかな。(これからは)ゆっくり過ごそうかと思っています」と話し、堪え切れずに涙を流した。これまでの制約の多い生活やこれから始まる自由な生活に思いを馳せ、万感の思いが溢れたのだろう。

注目まとめ

    アクセスランキング

    もっと見る

    ピックアップ

      どう思う?

      「どう思う?」一覧