SMAP分裂の真相!工藤静香、夫キムタクに「残って!」と懇願

 人気グループ、SMAPが分裂、解散危機にあることが13日、分かった。育ての親と言われる女性チーフマネジャー(58)がジャニーズ事務所の子会社の取締役を12日に辞任し、2月末に同事務所を退社する。関係者によると、これに追随して中居正広(43)、稲垣吾郎(42)、草なぎ剛(41)、香取慎吾(38)は退社する意志を固めた。木村拓哉(43)はメンバーで唯一、残留を決断。その裏には妻の歌手、工藤静香(45)の「残って!!」という言葉があったことが判明した。分裂を受けてメンバーのレギュラー番組が改編期の4月以降、テレビから消える可能性も出てきた。

 この日朝、SMAP解散、分裂危機報道が一部で報じられた。それを受けてジャニーズ事務所は会見はせずに、報道各社にFAXでコメントを発表した。

 「SMAPの一部メンバーの独立問題と担当マネジャーの取締役辞任等に関する報道がなされました。たしかに、この件について協議・交渉がなされている事実は存しますが、そのような状況下であるため、詳細についてはお答えできません」

 事実上、危機騒動を認めた格好だ。さらに、14日発売の「週刊新潮」でも報道されており、サンケイスポーツの取材に関係者も内容をほぼ全面的に認めた。

 騒動の発端は、昨年1月に週刊誌「週刊文春」で報じられたメリー喜多川副社長(89)のインタビュー記事。SMAPを国民的アイドルにまで育てたチーフマネジャーのIさんと、メリー氏の娘で副社長の藤島ジュリー景子氏(49)との間に「派閥争い」があると聞いたメリー氏が、「派閥などない!! 次期社長はジュリー」と激怒。Iさんに「事務所から出ていってもらう!!」と叱責したと報じられた。

注目まとめ

    アクセスランキング

    もっと見る

    ピックアップ

      どう思う?

      「どう思う?」一覧