年間視聴率トップ40 「テレビ離れ」深刻も…スポーツ中継は健在 あのドラマが5位

 ■平成26年12月22日~27年12月20日

 40傑入りのボーダーラインがついに20%を割り、19.9%まで下がった。平成19年から年間ランキングをまとめているが、昨年は数字を稼げるソチ五輪とサッカーワールドカップ(W杯)があったのに初めて22%を割った。今年はそれらの大イベントがなく、一気に2.0ポイントの下落。「テレビ離れ」はもはや、のっぴきならない段階に入ったのか。それを暗示するかのように、昨年6本ランクインのフジが今年は1本だけ。しかも、その番組が19.9%とは、数字は正直だが、意地が悪い。

 とはいえ、テレビの「リアルタイム視聴」はまだまだ健在だ。昨年のランクインが2本と0本だったテレ朝とTBSは今年、6本と4本に増え、うち3本ずつがスポーツ中継だった。生中継で見てこその大学駅伝、世界野球、フィギュアスケート、大相撲、サッカー、高校野球、世界陸上、そしてラグビー。ラグビーW杯初戦で日本代表が南アフリカに歴史的勝利を収めた試合は地上波で生中継されなかったが、「サモア戦」は日テレが生中継し、19.3%、瞬間最高25.2%を記録。これまた“歴史的”視聴率となった。

 一方、大いに気を吐いているのが放送中のNHK朝ドラ「あさが来た」。今月4日には27.2%をマークし、年間でも5位に躍り出た。朝ドラが8時スタートとなった22年度以降では、25年度上期の「あまちゃん」が27.0%、同下期の「ごちそうさん」が27.3%を出しているが、ともにその日は台風が関東に接近し、画面にテロップが出続けていた。今回の27%台乗せは正真正銘の実力。この勢いなら、過去10年の朝ドラで全平均が首位の昨年度上期「花子とアン」を追い抜く可能性が大きい。(山根聡)

注目まとめ

    アクセスランキング

    もっと見る

    ピックアップ

      どう思う?

      「どう思う?」一覧