【父の教え】あきらめず道を開く姿見せた父「いかりや長介」 長男・碇矢浩一さん

 いかりやさんが頚部(けいぶ)リンパ節がんを発症したのは15年4月。亡くなったのは翌年3月だった。浩一さんは父の生きた証しを残すためドリフターズ事務所の代表取締役になった。「誰よりもおやじ自身が悔しかったはず。だから亡くなったとき『これからは俺が家族を守る』と思った。どこかで見守っていてくれたらなと思います」(戸谷真美)

 ≪メッセージ≫

 おやじ、家族はみんな何とか元気にやってるよ。心配しないでいい。大丈夫だよ。

                   ◇

【プロフィル】いかりや長介

 いかりや・ちょうすけ 本名・碇矢長一。昭和6年、東京都生まれ。37年からザ・ドリフターズで活動。コント番組「8時だョ!全員集合」で、国民的人気を博す。番組終了後はドラマ「踊る大捜査線」シリーズをはじめ、俳優として活躍。平成16年、頚部リンパ節がんのため72歳で死去。著書に『だめだこりゃ』(新潮社)など。

【プロフィル】碇矢浩一

 いかりや・こういち 昭和44年、東京都生まれ。明治大卒業後、森永製菓に入社。営業部、広告部などに勤務した後、退職。平成16年からドリフターズ事務所代表取締役。著書に『いかりや長介という生き方』(幻冬舎文庫)。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ