スキマスイッチ、秋田公演で料理店に苦言 「店に謝れ!」とネット炎上:イザ!

2015.2.19 19:46

スキマスイッチ、秋田公演で料理店に苦言 「店に謝れ!」とネット炎上

 男性ユニット「スキマスイッチ」が、秋田市で行った公演での発言をめぐり、公式ツイッターが炎上するなどネット上で騒ぎになっている。前夜に訪れた秋田市内の料理店の対応に苦言を呈したところ「営業妨害」だという批判が殺到。一方で女将(おかみ)の親族のツイッターにはファンの意見が相次いだ。

 発言があったのは、14日に県民会館で行われた公演。トークの時間での観客とのやり取りの中で、前夜に秋田市の繁華街・川反(かわばた)にある老舗料理店で夕食を取った話をした。2人は店名を出し、食事中の店側の対応について苦言を呈したという。

 観客の一人が料理店を訪れ、女将に発言内容を教えたところ、女将の娘が「お店の名前を出してディスった(けなした)ことに母が大変心を痛めていて」などとツイート。別の観客が発言内容の詳細をネットで紹介したこともあり、スキマスイッチの公式ツイッターに対し、「店に謝れ」などの意見が相次いでいる。

 逆に、女将の娘のツイッターにはスキマスイッチを擁護する声が寄せられ、反響の大きさに驚いた娘はアカウントを削除した。

 女将は産経新聞の取材に対し、「お客さまに関する情報をお教えすることはできないが、その件で大きなショックを受けたことは事実です」と話した。関係者によると、食事は興行会社が申し込み、スキマスイッチは予約時間を大幅に遅れて来店。店側は要望通りのメニューを出したという。

 スキマスイッチの所属事務所、オフィスオーガスタ(東京)は「発言内容も含め、状況を調査中」としている。

 スキマスイッチは、大橋卓弥さん(36)と常田(ときた)真太郎さん(36)のユニットで平成15年に「view」でデビューした。17年発売の「全力少年」が大ヒットし、同年から3年連続で紅白歌合戦に出場した。

関連まとめ

関連ニュース