吉瀬美智子 母との確執・グレていた高校時代を告白する:イザ!

2014.10.27 18:15

吉瀬美智子 母との確執・グレていた高校時代を告白する

 集まった500人超の女性ファンは、「理想の女性です」と口を揃え、中には対面時に感極まって泣き出す人まで…。

 10月15日、吉瀬美智子(39才)が初エッセイ『幸転力』(小学館刊)の発売記念サイン会を都内の書店で行った。 不倫に溺れる主婦役を好演したドラマ『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』(フジテレビ系)の大ヒットもあってか、イベントにはファンが殺到したが、帰宅後、この本を読んだファンは驚いただろう。そこには、吉瀬が今まで一度も語らなかった過去が、赤裸々に綴られていたのだから…。

 生い立ちから上京、女優デビュー、出産まで、半生を綴った『幸転力』だが、中でも初めて同書で告白したのが“母との確執”だった。

 <私には、小さいころ、母と一緒にいた記憶があまりありません。私が小学校のころ、両親が別居し、家にいなかったからです>(以下、<>内は同書からの抜粋)

 彼女がこう綴るように、母は、吉瀬が小学1年のときに家を出て行ってしまったのだ。

 <私は幼いなりに、「お母さんは私を置いて行った」「私が悪いことをしたからお母さんはいなくなったの?」自分のせいかもしれないと考えて、悲しい思いをした>

|