ASKA 女と「クスリ部屋」 美人容疑者宅で薬物まみれの生活:イザ!

2014.5.19 20:31

ASKA 女と「クスリ部屋」 美人容疑者宅で薬物まみれの生活

 ASKA容疑者は、栩内容疑者の自宅を「クスリ部屋」として利用、2人で薬物まみれの生活を送っていたとみられる。美貌の栩内容疑者の素顔とは-。

 人気デュオ「CHAGE and ASKA」のASKA容疑者(56)=本名・宮崎重明=の衝撃の逮捕から丸2日。警視庁の調べに覚せい剤取締法違反容疑(所持)を依然否認しているというが、ASKA容疑者は、会社員の栩内香澄美(とちない・かすみ)容疑者(37)の自宅を「クスリ部屋」として利用、2人で薬物まみれの生活を送っていたとみられる。美貌の栩内容疑者の素顔、ASKA容疑者との本当の仲とは-。

 逮捕容疑の覚醒剤所持の“現場”となった栩内容疑者の東京都港区南青山の自宅マンション。都内でも随一の高級住宅街で、近くには、ブランド店やおしゃれな飲食店が立ち並ぶ。

 このマンションでは、今年1月ごろから、全身黒ずくめでサングラスをしたASKA容疑者らしき男性の姿が頻繁に目撃されていた。警視庁の調べでも、ASKA容疑者が週末のたびに訪れていたことが分かっている。

 ある住民は1月ごろ、マンション入り口に張られた奇妙な張り紙を目撃していた。

 「『栩内さん、連絡ください』と書かれたA4判の紙が貼られていた。男性が書いたような、走り書きのようなメモ。共用エントランスの部分に張られていたため、よく印象に残っている」

関連ニュース