ちはる、元夫とのセックスレスが離婚原因 結婚&離婚解体

 ちはるさん夫婦は、結婚してすぐに子どもが生まれ、その後はセックスレスの関係だったという、いわゆる「産後クライシス」の状態。子どもの誕生をきっかけに夫婦関係にヒビが入った夫婦の危機を産後クライシスといい、社会現象にまで発展している問題です。

 「たかがセックスレスで、離婚するなんて」と軽んじている男性は要注意。ある日、突然に「別れたい」もしくは「好きな人ができた」と妻に離婚を切り出されてしまうかもしれません。

 というのも、女性にとって男性以上に精神的にダメージを与えるのがセックスレスの問題だからです。たとえば、ちはるさん夫婦の場合は15年間もセックスレスの状態が続いたといいますが、これは夫側にも責任があります。妻からのセックスの要求を断ることは、法律で定められている離婚理由のひとつにあてはめて考えることができるのです。

 実際に、ちはるさんはセックスレスの状態だった頃について「抱きしめてもらいたい時期だった」と言っています。はじめての出産や子育てで心細くなっているときに、セックスという夫とのコミュニケーションの時間が奪われてしまうことは、女性にとってはとても辛いことです。

 事実、夫との離婚を考えたきっかけについて妻の側に本音をたずねてみると、「夫に、自分を女として見てもらえなくなったから」「夫の愛情を感じられなくなったから」と暗にセックスレスを匂わす声が多いのも納得がいくことです。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ