宇津井健さん死去 82歳、「ザ・ガードマン」「赤いシリーズ」

 多くのテレビドラマで活躍した俳優の宇津井健さんが82歳で死去した。「赤いシリーズ」や「渡る世間は鬼ばかり」に出演し、お茶の間で親しまれた。

 「ザ・ガードマン」や山口百恵さんと共演した「赤いシリーズ」、「渡る世間は鬼ばかり」など数々のテレビドラマで活躍した俳優の宇津井健(うつい・けん)さんが14日午後6時5分、慢性呼吸不全のため死去した。82歳。東京都出身。葬儀・告別式は近親者のみで行い、後日「お別れの会」を開く予定。

 早稲田大在学中の昭和27年、俳優座養成所に入り、翌年、映画「思春の泉」で主演デビュー。29年、新東宝に入社し、青春ものからアクションものまで多彩な役を演じて若手新進スターとなった。

 その後テレビに進出し、40年から約7年続いたTBS系の主演ドラマ「ザ・ガードマン」は大ヒット。「赤い迷路」「赤い疑惑」など49年から55年にかけての一連の赤いシリーズでは、理想の父親像を演じて話題を呼んだ。山口さんと三浦友和さんの結婚式では仲人を務めた。

 以降もNHK大河ドラマ「武田信玄」「信長」などで渋みのある脇役を好演。平成18年からはTBS系「渡る世間は鬼ばかり」に出演し、藤岡琢也さんが病気降板した後の岡倉大吉役を最後まで務めた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ