【豊田昌継の甘辛テレビ】「ごちそうさん」クランクアップ舞台裏…スタッフと記者が険悪ムード

■東出欠席は熱愛報道配慮?

 相変わらず視聴率20%を超えるNHK連続テレビ小説「ごちそうさん」。先週2月25日、大阪放送局で無事クランクアップしましたが、恒例のセレモニー取材会では、ヒロイン・杏さんへの質問をめぐり、報道陣とスタッフの間でちょっとしたトラブルがあり、少々後味の悪いものとなりました。

 すでに、スポーツ紙などでご承知の方も多いでしょうが、この取材会に、夫・悠太郎役の東出昌大さんは最初から出席予定はありませんでした。例の熱愛報道への配慮だったのは想像にかたくありません。

 トラブルは、最終収録の撮影チェック、出演者によるくす玉割りとあいさつを終え、杏さんへの質疑応答の場面でした。司会による代表質問と記者3人の質疑を終え、スポーツ紙の男性記者が「東出さん…」と言いかけたところで、関係者の1人が記者の肩にグイと手をかけ制止したため、互いに激高。険悪なムードの中で終了となったのです。

■「よくある話」だが…

 まあ、芸能人をめぐる記者会見ではよくある光景ではあります。ただ、事前にNHKが配布した資料には《質問は番組に関する内容に限定。無関係な質問が出た場合、取材会を終了することがあります》とありました。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ