“口の悪い放送作家”百田尚樹氏、佐村河内氏騒動に持論語る:イザ!

2014.2.10 12:20

“口の悪い放送作家”百田尚樹氏、佐村河内氏騒動に持論語る

 人気作家、百田尚樹氏(57)が22日放送のニッポン放送「百田尚樹 ラジオで語る~『永遠の0』から『至高の音楽』まで~」(後6・0)でラジオパーソナリティーに初挑戦することが9日、分かった。

 テレビ番組の構成作家から小説家に転身した理由や、映画化された「永遠の0」、大好きなクラシックについてつづった「至高の-」などヒット作の裏側を語り尽くす2時間半の特番。

 東京・有楽町の同局で収録に臨んだ百田氏は、「僕は『関西一、口の悪い放送作家』といわれていますが、今日はご容赦頂ければ」と“百田節”であいさつ。昨年映画化された「モンスター」の主演女優、高岡早紀(41)をゲストに招いてトークを楽しむなど人生初のパーソナリティーを楽しんだようで、「『作家・百田尚樹』のすべてを語っているので聴いてください」とPRした。

 番組内でクラシックについてアツく語った百田氏は、収録後、佐村河内守氏(50)のゴーストライター騒動について「作品に対する評価について考えさせられた」とコメント。「『(作品を聴いて)感動したのに、だまされた』という方がいるけど、その曲に感動したのなら作者は誰であっても関係ないと思う」と持論を語った。

関連ニュース

|