東芝、子会社の架空取引で決算修正 東証1部復帰へ課題も

東芝本社ビル=東京都港区(早坂洋祐撮影)

東芝本社ビル=東京都港区(早坂洋祐撮影)

 東芝は14日、子会社の東芝ITサービス(川崎市)で架空取引が発覚した問題で、計435億円の売上高が過大計上されていたと公表した。平成27年11月~令和元年7月の26件で、過大計上に伴うマイナス影響を反映させた元年4~12月期連結決算を同日、発表した。同社は平成27年に不正会計が発覚して以降、企業統治改革に取り組み、その成果の一つとして東証2部から1部への復帰を目指しているが、課題を残した格好だ。(桑原雄尚)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ