日韓、事務レベル会合 輸出管理の強化以降で初 日本「安全保障が目的」と説明へ

半導体材料の輸出規制強化に関する事務レベル会合に出席するため、羽田空港に到着した韓国側の担当者=12日午前

半導体材料の輸出規制強化に関する事務レベル会合に出席するため、羽田空港に到着した韓国側の担当者=12日午前

 日本が半導体材料の韓国向け輸出管理を強化したことを受け、日韓両政府による事務レベル会合が12日午後、経済産業省内で開かれた。会合は日本が4日に輸出管理を見直してから初めて。日本側は今回の措置が「安全保障を目的に輸出管理を適切に実施する上で必要な日本国内の運用の見直し」と説明。これに対し韓国側は世界貿易機関(WTO)協定に違反しているなどと措置撤回を訴える見通しで、双方の主張は平行線をたどるとみられる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ