日産、世界初の先進運転支援システム 高速道で「手放し」も

運転支援システム「プロパイロット2.0」の車内モニター画面。システム側からの車線変更提案をスイッチで承認すると自動的に変更する(日産自動車提供)

運転支援システム「プロパイロット2.0」の車内モニター画面。システム側からの車線変更提案をスイッチで承認すると自動的に変更する(日産自動車提供)

 日産自動車は16日、高精度3次元(3D)地図データの採用により、ナビゲーションシステムと連動して、一定の条件下であれば高速道路でハンドルから手を離しても自動で走れるようにした世界初の運転支援システム「プロパイロット2・0」を発表した。今秋、日本で発売する「スカイライン」から搭載を始める。同システム搭載車の販売動向は、日産の業績回復の成否も左右しそうだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ