大和ハウス、米ニューズウィークのグリーン・ランキングで不動産部門№1はなぜ?

前の写真へ
大和ハウス工業の小山勝弘環境部部長

大和ハウス工業の小山勝弘環境部部長

【スゴ技ニッポン】 大和ハウス工業は環境経営が評価され、米国の著名なビジネス誌ニューズウィークが発表した「グリーン・ランキング2017」の不動産部門で1位に選出された。評価対象のグローバル企業500社の中では35位、日本企業ではトヨタ自動車に次いで2位となった。技術本部環境部の小山勝弘部長(47)は「環境問題の中で、全世界的な課題となっているのが地球温暖化対策。国内では当社がリーダーシップを発揮し、太陽光や風力などの再生可能エネルギーを調達しやすい社会を目指しながら、大和ハウスとしても二酸化炭素(CO2)削減目標に力を入れていく」と強調する。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ