東芝メモリ、数年後に上場と買収主導の米ファンド

東芝は半導体子会社の売却をめぐり、最後まで判断が揺れた=東京都港区

東芝は半導体子会社の売却をめぐり、最後まで判断が揺れた=東京都港区

 東芝の半導体子会社「東芝メモリ」(東京)の買収を主導した米ファンドのベインキャピタルは5日、東京都内で記者会見を開き、杉本勇次日本代表は「東芝メモリは日本企業として独立性を確保し、数年後の上場を目指す」と説明した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ