過熱する「加熱式たばこ」市場 JT「他社製品とコンセプトが全く異なる」も販路が…

前の写真へ
プルーム・テックは本体(手前右)からの電気でカートリッジ(手前中央)内の液体を加熱、たばこカプセル(手前左)を通った蒸気を吸う仕組み。奥は、ケースや充電器などのアイテム(山沢義徳撮影)

プルーム・テックは本体(手前右)からの電気でカートリッジ(手前中央)内の液体を加熱、たばこカプセル(手前左)を通った蒸気を吸う仕組み。奥は、ケースや充電器などのアイテム(山沢義徳撮影)

 【開発ヒストリー】 燃焼に伴う煙やタールがゼロで、においも少ないとして愛煙家の注目を集めている加熱式たばこ。米フィリップ・モリス・インターナショナルの「iQOS(アイコス)」が国内市場を席巻する中、日本たばこ産業(JT)は「Ploom TECH(プルーム・テック)」で追い上げる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ