NY株続落、469ドル安 金融引き締め警戒続く

 26日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は続落し、前日比469・64ドル安の3万0932・37ドルで取引を終えた。景気が急回復すれば物価上昇が加速し、米連邦準備制度理事会(FRB)が金融引き締めに動くのではないかとの警戒感が続き、リスク回避の売りが優勢となった。

 投資家が注視している米長期金利は、指標となる10年物米国債利回りの上昇が一服したものの、一時1・5%を超えるなど不安定な動きとなった。

 ハイテク株主体のナスダック総合指数は72・91ポイント高の1万3192・34と反発した。

 個別銘柄では、金融のJPモルガン・チェースや建設機械のキャタピラーなど景気動向に敏感とされる銘柄の下げが目立った。ITのマイクロソフトは上げた。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ