トヨタ未来都市、富士の裾野に世界の人呼び込め 静岡県など自治体、将来の産業や雇用活性化へ連携

 「富士山の日」の23日、富士山をのぞむ静岡県裾野市内で着工された、次世代技術の実証実験のためトヨタ自動車が手がける未来都市「ウーブン・シティ」。完全自動運転やロボット、人工知能(AI)といった最新技術を居住環境内で試し、世界の研究者らも含め最終的に2千人以上が暮らす想定で多様な企業も連携するため、自治体は周辺を巻き込んだ新たな街づくりと活性化を期待。支援の動きをすでに始めている。“スソノ”が世界から注目される日も遠くなさそうだ。

 「地域のみなさまとともに、未来に向けた歩みを進めていく」。この日の地鎮祭で、豊田章男社長は「ヒト中心の街」といった理念を示した上で、こう宣言した。

 あらゆるモノや街全体を情報技術でつなぐ「スマートシティー」の一種で、公道などでは規制改正を待つ必要がある次世代技術を、比較的自由に取り組める私有地での生活内で試す狙いだ。実験を繰り返し、街は敢えて「どこまでいっても未完成」(豊田社長)と位置づける。自動運転車両専用や歩行者と共存用などと道路を用途で分け、これらが網目状となること、またトヨタのルーツで湖西市で生まれた織機にもちなみ「Woven(織られた)」の名となった。

 豊田社長は昨年1月、令和3年初頭の着工を表明。新型コロナウイルス禍を乗り越え、予定通りにこぎ着けた。建設地は、高級車「センチュリー」も製造していたトヨタ自動車東日本の東富士工場跡地の約70万平方メートル。同社によると、豊田社長は「カイゼン」や多様性、自分以外の誰かのために働くといった「東富士工場のDNAが受け継がれていく」とも語った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ