えっ!東京から「淡路島」に移転!? 新型コロナ、自然災害など「分散化」に拍車

 営業社員は東京本社をはじめ全国主要拠点でオンラインによる商談が浸透しつつあり、業務は順調に推移している。

 今後、淡路島では外部企業の社員も利用できる「ワーケーション施設」を併設し、新しい働き方を体験できる場も提供していく予定だ。次回は渡辺氏の淡路島での仕事ぶりを紹介する。 (エフシージー総合研究所 山本ヒロ子)

 ■パソナグループ 1976年の創業以来、企業理念「社会の問題点を解決する」のもと、だれもが自由に好きな仕事を選択、働く機会を得られることを目指し、さまざまな社会インフラを構築。2003年、業界で初めて東証1部上場。国内外に67の子会社を展開。代表取締役グループ代表・南部靖之。

 ■渡辺尚(わたなべ・たかし) 1989年、専修大卒、テンポラリーセンター(現パソナグループ)入社。再就職支援・人材紹介事業を核とするパソナキャリア(現パソナ)代表取締役社長などを経て、2018年から現職。読書家で、社内で定期的に「読書会」を開催。55歳。

 ■山本ヒロ子(やまもと・ひろこ) 早大卒。40年以上にわたり、企業や自治体、大学の危機管理と広報活動について取材。コンサルティング活動も行ってきた。取材件数は延べ2000社以上に上る。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ