真っ赤な「チン電」走る 阪堺と筑鉄がコラボ コロナ後の誘客狙う

 大阪の街を真っ赤な、いつもとは違う表情の路面電車が駆け抜ける-。この秋、阪堺電気軌道(阪堺、大阪市)と、北九州市などを走る筑豊電気鉄道(筑鉄、福岡県中間市)が車両カラーを交換するコラボ企画を始める。利用者が減り苦境にあえぐ路面電車と地方鉄道。新型コロナウイルスの影響もあり、さらに厳しい運営を迫られる中、地域の足を支えるもの同士、タッグを組んで知名度と利用客アップを狙う。(小川恵理子)

誘客の起爆剤に

 今月末から、大阪市と堺市を結ぶ阪堺電車の路線に、現役車両としては国内最古となる阪堺の「モ161形車両」に、筑鉄の「赤電(あかでん)」と呼ばれ親しまれた車両の赤色を塗装した路面電車がお目見えする。

 「アフターコロナを見据えて、少しでもお互いのファンを増やしたい」

 9月に開かれた車両お披露目式で、阪堺の細井康史社長は声を張り上げた。コラボ企画は阪堺側が今年はじめに提案。両沿線にはそれぞれ「百舌鳥(もず)・古市古墳群」と「明治日本の産業革命遺産」を構成する世界遺産があるという共通点もあり、お互い沿線でPR活動しやすいと考えている。

 赤電カラーの車両は10月から3年間、堺市内などを走り、期間中には北九州の名産品を食べられる貸し切り電車も走らせる。来年度は阪堺カラーの筑鉄車両が北九州市内などを運行する予定だ。阪堺の担当者は「大阪-北九州間は直通フェリーもあってアクセスもしやすい。交通手段としてだけでなく、乗ることも目的にそれぞれの地に訪れてもらえれば」とコロナ後の誘客をしたたかに狙う。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ