米ウィー創業者と契約解除 ソフトバンクグループ

 米紙ウォールストリート・ジャーナル電子版は19日、ソフトバンクグループ(SBG)が、出資先の米共有オフィスのウィーワーク共同創業者、アダム・ニューマン氏と昨年結んだ1億8500万ドル(約195億円)のコンサルタント契約を解除したと報じた。

 SBG副社長でウィーワーク会長のマルセロ・クラウレ氏が、同紙のイベントで明らかにした。クラウレ氏は「ニューマン氏が合意内容の一部を違反したかもしれない。もはや契約は無効だ」と述べた。具体的な違反内容は説明しなかった。

 ウィーワークは昨年上場するとみられていたが、収益性や企業統治に疑念を持たれ、上場計画を撤回。経営が急速に悪化したため、SBGが大規模な資金支援を発表して経営再建を主導しており、ニューマン氏は経営から退いた。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ