エレベーターも乗りこなす 三菱やパナソニックが競うロボット市場

 新型コロナウイルスの感染拡大で作業現場の「非接触」が求められるなか、電機メーカーなどが人の代わりに荷物の搬送や清掃、警備などを行う「サービスロボット」関連の技術開発を競っている。三菱電機はロボットが単独でエレベーターに乗ることができるサービスを始め、オムロンは屋外作業の安全性を高めるセンサーを発売。パナソニックは人と衝突した際のリスク低減に力を入れる。ロボットの安全運用に関する国際規格でも日本が審議を主導しており、国際競争力強化に期待が集まる。(山本考志)

夜間のビル清掃に最適

 エレベーター前に廊下を自律走行していたロボットが停止すると「上」のボタンが点灯。ロボットは開いたドアからスムーズにエレベーターに乗り込み、目的階に付くと自動で降りて再び廊下を進み始める。三菱電機が10月1日に発売した「ロボット移動支援サービス」の様子だ。

 これまではロボットがビルの階層を越えて移動するには、人がエレベーターに同乗して補助する必要があった。このサービスでは、エレベーターがインターネットを通してロボットから要求を受けると、ドアの開閉などを行って目的階までの移動を手助けする。

 同社の石井周作・ビルシステムエンジニアリングセンター長は「人がほとんどいなくなる夜間のビルの清掃作業などでも、各階にロボットを配備することなく効率的に運用できる」と利点を強調する。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ