中国で北海道特産品をネット通販 コロナ禍、大手がサイト

 新型コロナウイルス感染拡大で北海道を訪れる観光客が激減して特産品の消費が冷え込む中、中国インターネット通販大手の日本法人「ヨウザン・ジャパン」(札幌市)が9月、道内の中小企業が特産品を中国の消費者に直接販売できる通販サイト「北海道商店」をオープンした。

 中国映画「狙った恋の落とし方。」の舞台となった北海道は人気の旅行先で、同社は新型コロナの影響で来日できなくなった観光客の需要を期待。2021年には年間約1億円の販売を目指す。

 既に菓子販売の「きのとや」(同市)や北海道産植物を使ったジンを作る「積丹スピリット」(積丹町)など約14社が参加。中国のインフルエンサーがライブ配信を通じて特産品の魅力をPRするほか、SNSに広告を出したり、購入者に口コミを発信してもらったりすることができる。

 ヨウザン・ジャパンの担当者は「ECを始めることが困難な中小の事業者が、中国に安く販路を開くことを手伝いたい」としている。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ