「あつ森」で“天国”の任天堂、PS4買い控えで“地獄”のソニー 決算数値からひも解く

 新型コロナウイルスの影響により、「リーマン級以上」とも言われる不況の到来が危惧されている。特に国内中小企業の大半を占める飲食業や観光業への被害は甚大で、政府はさまざまな給付金施策を検討・実行している現状だ。

 一方で、コロナ禍だからこそ好調な分野もある。ゲーム業界だ。例えば、ニンテンドースイッチ(スイッチ)で3月20日に任天堂から発売された「あつまれ どうぶつの森」は、発売6週間で全世界1300万本を超える販売数となり、同ハードで一番売り上げたタイトルとなった。

 一方のソニー・プレイステーション4(PS4)で、4月10日にスクウェア・エニックスから発売された「ファイナルファンタジーVII リメイク」も、発売後3日で、世界で350万本以上売り上げるヒットとなっている。

 スイッチとPS4。現在のコンシューマーゲーム機を二分する、任天堂とソニーの最新の決算状況はどうなのだろうか。

PS4販売台数110万台減 苦戦のソニー

 まず、PS4擁するソニーの状況を見てみよう。実は、PS4を製造・販売をする子会社のソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)単体の決算は発表していない。ソニーグループ全体の連結決算という形で数字を公表していて、SIEの部分は、「ゲーム&ネットワークサービス部門」として公開されている。

 このゲーム部門だけの2020年3月期の連結決算によると、売上高は前年同期比14.4%減の約1兆9776億円、営業利益は23.3%減の約2384億円だった。売上高、営業利益共に、前年度を下回る結果となった。

 低迷の原因として考えられるのが、PS4の発売から7年目となり、新しくゲーム機を買う層があまり望めなくなってきている点だ。さらに、次世代後継機となる「PS5」を2020年末に発売することを19年10月に発表していて、これによるPS4の買い控えも起きているものと考えられる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ