ソフトバンク傘下の米携帯スプリント、合併実現へ 当局が上訴断念

 米ニューヨーク州は16日、ソフトバンクグループ傘下の米携帯電話4位スプリントと3位TモバイルUSの合併計画を容認した米連邦地裁の判断を受け入れ、上訴しない方針を発表した。カリフォルニアなど州当局による合併の差し止め訴訟を主導したニューヨーク州の決定により、両社が2018年4月に発表した合併は実現する見通しとなった。

 ニューヨーク州のジェームズ司法長官は声明で「上訴しないが、全ての関係者と協力し、消費者にとって最適な価格とサービスを得られるようにしたい」と述べた。

 司法省など連邦当局は条件付きで合併を承認している。ニューヨーク州などは、市場の寡占化による消費者の不利益を懸念し、計画の差し止めを求める訴訟を起こしたが、連邦地裁は11日に「合併によって市場での競争が減る可能性は低い」と容認した。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ