三沢市、再発防止要請へ F35A墜落事故で防衛相に

 青森県三沢市議会は19日、基地対策特別委員会を開き、航空自衛隊三沢基地(同市)の最新鋭ステルス戦闘機F35Aが青森県沖の太平洋に墜落した事故を受け、岩屋毅防衛相宛てに再発防止や早期の事故原因究明を求める要請書を提出する方針を決めた。

 要請書は種市一正市長と市議会の船見亮悦議長の連名で、船見議長らが上京し、24日にも防衛省を訪れる。鮫島建一同基地司令にも同様の要請を行う予定だ。

 委員会後、瀬崎雅弘委員長は報道陣に「地元の強い要望として要請書を提出する。防衛省は早期に問題を解決してほしい」と強調した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ