NY金、5カ月ぶり高値

 4日のニューヨーク金先物相場は続伸し、取引の中心となる2月渡しが前日比7・00ドル高の1オンス=1246・60ドルと7月以来、約5カ月ぶりの高値水準で取引を終えた。

 米長期金利が低下し、外国為替市場でドルが円などに対して下落したことから、ドルの代替資産とされる金を買う動きが優勢となった。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ