栃木県、イチゴ新品種を披露 関西圏普及に追い風 病気に強く輸送面で優位

 栃木県の福田富一知事は14日、品種登録を出願していたイチゴ新品種「栃木i37号」が農林水産省から出願受理が公表されたことを明らかにした。同県が開発したイチゴの中でも果肉が硬くて輸送面でも優れ、関西圏での販売や海外輸出も期待される。福田知事は「収穫量が多いので関西方面で栃木のイチゴを市場開拓するにあたり、追い風にできる品種だ」と普及に意欲をみせた。

 新品種「栃木i37号」は病気にも強く、収穫が10月下旬と県産イチゴでは最も早い。収穫量も、人気品種「とちおとめ」の3割増が見込まれる。酸味が少なく、甘さが際立つため、家庭での生食用を想定しており、これまでの県産イチゴとの差別化を図った。福田知事は「作りやすく食べやすいイチゴ。県産イチゴのニーズの隙間を埋めることができる新品種だ」と胸を張った。

 新品種を開発した県農業試験場いちご研究所では、毎年1万株の中から新品種候補を選抜しており、新品種は平成24年に交配したものを7年かけて開発。出願公表となり、育成者の権利が保護されるため、今後は栽培試験やマーケット調査を進め、商標登録を目指す。福田知事は「試験や調査を2年実施して判断する予定だが、1年で結果が出れば、平成32年から販売できる」と期待を示した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ