「もうブロックチェーンやICOに投資しない」 中国仮想通貨業界の大物が突然の宣言

 中国のベンチャーキャピタル「BitFund」創設者で“仮想通貨長者”として知られるリ・シャオライ氏は9月30日、SNS「微博(Weibo)」上で、「今後はブロックチェーンやICO(Initial Coin Offering、仮想通貨の新規公開)関連のプロジェクトに投資することはない」と発表した。

リ・シャオライ氏による投稿(=微博(Weibo)公式アカウントより)

リ・シャオライ氏による投稿(=微博(Weibo)公式アカウントより)

 中国の仮想通貨コミュニティーで大きな影響力を持つ同氏の突然の発表により、現地では波紋が広がっているという。

 シャオライ氏は「今日以降、私がブロックチェーン関連のプロジェクトなどに投資することは一切ない」と断言。「もし今後“リ・シャオライが関わっている”とうたっているプロジェクトが出てきても、それは(うそなので)無視してほしい」と呼び掛けた。

 同氏は今後、数年をかけてキャリアチェンジを図る計画だとみられている。一方、シャオライ氏が個人としての投資活動を休止するだけで、企業や投資ファンドを介して仮想通貨関連の事業に関わっていく可能性は残されているとの見方もある。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ