2年ぶり復活のホンダ「CRーV」 敢えて普通のクルマにした訳

競合ひしめくSUV市場で存在感を示せるか(ホンダの新型CR-V)

競合ひしめくSUV市場で存在感を示せるか(ホンダの新型CR-V)

 ホンダが2016年に国内での販売を打ち切っていたSUV(多目的スポーツ車)「CR-V」を復活させ、8月31日に5代目となる新型CR-Vを発売する。SUVブームが続く中、並み居るライバル車を相手に存在感を見せつけたいところだが、敢えて“普通のクルマ”にこだわったという。一体なぜなのか。ジャーナリストの河野圭祐氏がレポートする。

* * *

 SUV市場の拡大が続いている。ホンダで国内営業を担当する日本本部長の寺谷公良・執行役員によると、「10年前の日本のSUV市場は約20万台だったが、いまは約50万台と2.5倍まで増えている」という。

 当然、自動車メーカー各社は新たなSUV投入でしのぎを削っているわけだが、ホンダでも8月31日に新型「CR-V」を発売(ハイブリッドモデルは11月1日発売)する。

 初代のCR-Vが登場したのは1995年のこと。前年にトヨタ自動車から「RAV4」が発売されており、この2車がSUV市場で先駆けた形(それまでに登場していたトヨタの「ランドクルーザー」や三菱自動車の「パジェロ」、スズキの「エスクード」などクロカン4駆系は除く)だが、商業的には後から出たCR-Vのほうが優勢だった。

 その後、トヨタは1997年に上級SUVの「ハリアー」を投入、“ワイルド・バット・フォーマル”という当時のテレビCMのコピー通り、ラグジュアリーホテルに乗りつけてもサマになる高級感をうまく打ち出してヒットした。同じ年にはスバル(当時は富士重工業)から初代の「フォレスター」も登場している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ