GDP 「消費にようやく火がついた」農林中金総研・南氏

 農林中金総合研究所・南武志主席研究員「設備投資が堅調な上、個人消費が持ち直し、国内需要が引っ張った。雇用者報酬も底堅い。個人消費が意外によく、これまでパッとしなかった消費にようやく火がついた形だ。ただ足元は、猛暑や豪雨の悪影響がどの程度出るか分からない。また、米国と中国で(日本の主要輸出品である)自動車の販売が減速しており、米中貿易摩擦に要注意だ」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ