トヨタ自動運転で選手移動 公式車は3千台 東京五輪

 トヨタ自動車は23日、2020年東京五輪・パラリンピックで選手や大会関係者を運ぶ車両として、完全自動運転車「e-Palette(イーパレット)」を提供すると発表した。選手村など限定した地域を走り、サービスの実用化に向けた知見の蓄積も狙う。一方、大会公式車両には燃料電池車(FCV)など3千台以上を供与し、先進技術を世界に発信する。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ