ビットコイン下落 70万円前後、業務改善命令&韓国で盗難

 代表的な仮想通貨「ビットコイン」の価格が下落している。韓国の仮想通貨交換業者がサイバー攻撃を受け盗難にあったことで急落、さらに金融庁が仮想通貨交換業者6社に業務改善命令を出したことで、1ビットコイン=60万円台まで下がった。7月に入り再び70万円台を回復したが、当面は70万円前後で推移するとの見方が出ている。

 ビットコインの価格は6月上旬に80万円台で推移していたが、中旬に急落。韓国の交換業者コインレールがハッキング被害に遭い、4千万ドル(約44億円)相当の仮想通貨を失ったと6月10日に公表したためだ。

 加えて、同22日には金融庁がマネーロンダリング(資金洗浄)対策などに不備があるとして、業界大手bitFlyer(ビットフライヤー)など6社に業務改善命令を出したことで一段と下落。今後、投資家の個人情報や財務情報などの公開にまでつながるとの懸念が広がった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ