2年近くやりこんだ「ポケモンGO」を起動しなくなった理由

 2016年7月に「Pokemon GO(ポケモンGO)」がリリースされてから、2年になろうとしている。

 スマートフォンから得られる位置情報やAR(拡張現実)といったテクノロジーに「ポケットモンスター」の強力なIPが融合し、リリース直後は熱狂的な盛り上がりを見せたことは記憶に新しい。それによって引き起こされた社会問題も含めて注目を集めたものだが、今ではゲーム内容や周辺環境の変化もあり、ブームは落ち着いたといえる。

 もっとも、米調査会社SuperDataの調査結果によれば、ポケモンGOはリリース以来最大のアクティブユーザー数を記録し、2018年5月に1億400万ドル(前年比174%)もの売り上げをたたき出したという。世界的な人気は続いており、実際に日本でも都市部を中心に、まだまだ街でプレイしている人々を見かけることも少なくない。

 かくいう筆者もリリース直後から相当やりこんできた1人だが、個人的にはここ数カ月で熱がすっかり冷めてしまっている。今でもポケモンGOを楽しんでいるトレーナー諸氏に水を差すようで忍びないが、その原因を自分自身で振り返ってみた。

 ポケモン目当ての遠征も苦にならなかった日々

 「あれ、そういえば昨日、Pokemon GO(ポケモンGO)にログインしなかったよな……」

 ふと、そう気がついたのは4月のある日のこと。サービス開始から毎日欠かさずログインし、1日数時間は必ず歩き、ジム置きの報酬であるポケコインは最大(当時)の100コインを毎日ゲット。特定のポケモンを捕獲するためだけに遠方の公園に足を運ぶのも苦にならなかったし、イベントとあらば鳥取にも横浜にも、果てには熊本にも足を運んだ。

 そんな約2年にわたるポケモンGO中心の日々だったが、いったん連続ログインが途切れてからの気持ちの切れ方は、我ながら驚くほどだった。外出時にポケモンGOを起動しなくなり、1日1枚の無料レイドパスは翌日に持ち越すようになり、3月までは参加していた「コミュニティ・デイ」に至っては、4月以降は見向きもしなくなってしまった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ