池田泉州銀など地銀7行がフィンテック推進会社設立へ 高度なデータ分析・活用に向け連携

 池田泉州銀行など全国の7地方銀行は25日、金融とITが融合した「フィンテック」を推進する新会社を共同で設立すると発表した。人工知能(AI)などの先端技術の研究開発に連携して取り組み、業務効率化や収益拡大につなげる。

 ほかに群馬銀行、山陰合同銀行、四国銀行、千葉興業銀行、筑波銀行、福井銀行が参加し、6月に「フィンクロス・デジタル」を東京に設立する。資本金1億円は各行が14・3%ずつ出資。社長には元横浜銀行代表取締役で、現在はNTTデータ経営研究所の理事を務める伊東眞幸氏が就く。

 新会社では、AIを融資に応用する新システムや、インターネットバンキング、事務作業の自動化技術などを研究開発する。各行が単独ではできない高度なデータ分析・活用をできるようにする。

 大阪市内で記者会見した池田泉州銀の前野博生取締役常務執行役員は、「コスト、技術など自前でやるには限界があり、共同でやることが必要だ」と話した。

 7行はそれぞれ異なるシステム基盤を持つが、新会社では既存のシステムや枠組みにとらわれない金融サービス・技術に取り組む狙いがある。

 ■フィンテック 「Finance(金融)」と「Technology(科学技術)」を組み合わせた造語。スマートフォンでの支払いサービス、仮想通貨、指紋認証で現金自動預払機(ATM)から預金を引き出せる仕組みなどが該当する。各銀行は関連部署の設置や外部企業との提携でサービス拡充を急いでいる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ