SUBARU、27日午後2時半に報告書を国交省に提出

 国土交通省は27日、SUBARU(スバル)の吉永泰之社長が27日午後2時半に、新車の燃費データ改竄に関する報告書を国交省に提出すると発表した。

 報告書では、生産現場で長年にわたってルール違反が横行していた企業風土の問題点を指摘し、経営陣の責任にも触れる見通しだ。

 さらに、吉永泰之社長が同日午後、記者会見し、報告書の内容や再発防止策を説明する。

 スバルは昨年12月、工場で実施している抜き取り検査で、検査員が燃費データを書き換えていた可能性があると公表した。弁護士ら外部の専門家を交えて調査し、これまでに複数の従業員が関与していたことが判明。不正の対象は数百台に上るという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ