入社式 企業トップ、新入社員に再起誓う 東芝「日本代表する企業へ」、神鋼「ガバナンス改革使命」

 新年度の仕事始めとなった2日、全国各地の多くの企業で入社式が開かれた。新社会人は推定で約93万人。品質問題などの不祥事や経営危機に揺れた企業のトップは失墜した信頼の回復や経営再建を訴え、新入社員を前に企業としての生まれ変わりを誓った。

 「不正会計などで3年にわたり極めて困難な状況に直面したが、日本を代表する企業に復帰させる」

 東京都港区の東芝本社で開かれた入社式では、1日に就任したばかりの車谷暢昭会長兼最高経営責任者(CEO)が212人の新入社員に決意を語った。

 東芝は昨年度に新卒の一括採用を見送っており、入社式は2年ぶり。債務超過解消にめどをつけ、危機的状況は脱したが、再建は道半ばだ。車谷氏は「困難な時期こそ人は成長する。素直に学び、情熱を持って仕事を成し遂げてもらいたい」と呼びかけた。

 製品データ改(かい)竄(ざん)など不正が明るみに出た企業のトップが一様に強調したのは再発防止だ。前社長の引責辞任を受け1日付で就任した神戸製鋼所の山口貢社長は神戸市での入社式で、「ガバナンス(企業統治)や企業風土の抜本的な改革を推し進めていくことが私の最大の使命」と宣言した。また、東レの日覚昭広社長は「しっかりした心構えと高い倫理観を持って行動していただきたい」と新入社員に要求した。

 新車の無資格検査問題が発覚したSUBARU(スバル)の吉永泰之社長は新入社員に「困難なことが起きたとき、逃げずにまっすぐ取り組むことが一番大事だ」と強調。昨年12月に破断寸前の亀裂が見つかったJR西日本の新幹線の台車を製造した川崎重工業の金花芳則社長は「社員一人ひとりが製品の安全性の重要さを再認識し、モノづくりを行っていくことが重要だ」と訴えた。

 一方、不祥事企業のトップからは不安な胸中の新入社員への配慮も聞かれた。不正融資が発覚した商工中金の関根正裕社長は「皆さんだけでなくご家族の方々にも精神的な負担をおかけし、率直におわび申し上げる」と謝罪。リニア中央新幹線の建設工事をめぐる談合事件で、独占禁止法違反の罪で法人として起訴された清水建設の入社式では、井上和幸社長が「皆さんには萎縮することなく、正々堂々と前向きな気持ちで社会人としての第一歩を踏み出してほしい」と語りかけた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ