春闘、終盤戦に 全トヨタ労連が代表者集会

 平成30年春闘の最終盤に向け、トヨタ自動車グループ各社の労働組合で構成する全トヨタ労働組合連合会(318組合、34万2千人)は8日、愛知県豊田市で代表者集会を開いた。鶴岡光行会長は「必ずや成果を導き出し、日本経済の好循環につなげていこう」と檄(げき)を飛ばした。

 集会には傘下労組の代表者170人が参加。「労働の質的向上のためにも、全組合員の意欲、活力につながる『人への投資』を引き出す」などと大詰めの交渉に臨む決意を述べた。

 トヨタ自動車労働組合はベア月額3千円、年間一時金(賞与)6・6カ月分を要求。経営側はベア自体は実施する方向だが、水準をめぐっては労使に隔たりがある。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ