「大量流出は防げた」と仮想通貨業界のセキュリティー最大手社長 新団体は評価

 仮想通貨交換業者などのセキュリティー対策を支援する「ビットゴー」のマイク・ベルシー社長(47)が2日までに産経新聞のインタビューに応じ、仮想通貨交換業者コインチェックによる大量流出問題について「防ぐことができた」と指摘した。

 その上で、新たに統一の自主規制団体が設立されることについては「非常に良い取り組みで、必要なことだ」と評価した。

 ビットゴーは2013年に米国で設立し、世界中で取引される仮想通貨の約15%をサポートする業界最大手。昨年から国内でも事業を展開しており、今回の来日では金融庁とも情報交換を行ったという。

 仮想通貨交換所のセキュリティーについて、ベルシー氏は「マルチシグにすることがとても重要だ」と強調。マルチシグとは、仮想通貨を保管する際、暗証番号にあたる「秘密鍵」を複数用意して管理する技術。金庫に複数の鍵を取り付けるイメージで、一つが破られても、他の鍵で流出が防げるとされる。また、仮想通貨を保管する「ウォレット(財布)」を、ネットから切り離すことも大切だという。しかし、コインチェックはこうした対応を取っておらず「対策していれば、流出は防げた可能性が高い」とした。

 世界中で流出問題が発生している背景には「仮想通貨市場の成長スピードに、交換業者が追いつけていない問題がある」と指摘。急速に市場が拡大する中で、事業者の対応が後手に回っている点を憂慮した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ