ナマズ輸入、急拡大のワケ 知らず知らずのうちに私たちの食卓に…

 【経済インサイド】

 東南アジアからのナマズの輸入量が急増している。東京税関によると、平成29年1~9月(速報値)の輸入量は4487トンとなり28年(4230トン)を上回った。輸入金額は16億5800万円で既に28年の1割以上増えており、この5年間で輸入量、金額ともに約7倍に膨れあがっている。なぜ、ここにきてナマズの国内需要が急拡大しているのか-。

 ナマズが注目されている理由のひとつが、絶滅が危惧されているウナギの代わりとして活用されていることだ。ビタミンやミネラルを豊富に含み、日本人のスタミナ食として親しまれてきたウナギだが、近年は100~200グラムのかば焼きが2000~3000円にまで高騰。いまや庶民が手を出しづらい食材となり、土用の丑の日にウナギを食べるという日本の食文化の退廃まで危惧されている。

 そんなウナギのかば焼きに味が似ていて、安く提供できる魚がないかと、各社が白羽の矢を立てたのがナマズだ。流通大手のイオンは昨年初めて、ベトナムで養殖された「パンガシウス」というナマズのかば焼きを全国で販売。価格は645円で一般的なウナギと比べると3分の1程度だ。

 一昨年には、マグロの完全養殖を成功させた近畿大学が「ウナギ味のナマズ」を開発し、イオンがこのナマズを使ったかば焼きを販売している。これが意外にも好評で、売り切れた店舗もあったほど。実際、イオンはこの「近大ナマズ」の仕入れを一昨年の半身7000枚から昨年は2万枚に拡大している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ