CO2を全く出さない「ゼロエミッション電動バス」開発が埼玉で進んでいた!

【スゴ技ニッポン】

 住友商事は今秋にも、さいたま市などと共同で、電車がブレーキをかけたときに生まれる「回生電力」をエネルギー源として活用する「ゼロエミッション電動バス」の実証試験に乗り出す。ディーゼルエンジンではなく、未利用だった鉄道の回生電力を使うことで、二酸化炭素(CO2)を全く出さない電動バスの実現に挑戦する。2020年東京五輪・パラリンピックに合わせ、平成32年春の事業化を目指す根本義直交通・輸送インフラ事業部機材開発課長に抱負と課題を聞いた。

 --具体的な実証試験は

 「次世代蓄電池にためた回生電力を、パンタグラフ接触式の超急速充電器で電動バスに充電し、バスを運行する仕組みだ。埼玉高速鉄道の浦和美園駅に蓄電池や変電設備を設け、JRさいたま新都心駅を結ぶ電動バスに、5分以内で充電する」

さいたまで会場間輸送

 「東京五輪では浦和美園駅近くのサッカー会場、埼玉スタジアムと、さいたま新都心駅近くのバスケットボール会場の、さいたまスーパーアリーナが使われる。この2つの区間は直線では約11キロの距離だが、今は鉄道など公共交通機関がない。五輪期間中にはこの区間の観光客や関係者の利用増が見込まれており、世界に向けて環境にやさしい交通システムをPRしていきたい」

 --実証試験のきっかけは

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ