米アラバマ州に工場新設 トヨタとマツダが正式発表 1800億円投資

 トヨタ自動車とマツダは10日、米南部アラバマ州ハンツビルに共同で工場を新設すると正式発表した。両社の投資額は計約16億ドル(約1800億円)。2021年の稼働を目指し、4千人規模を雇用する見通しだ。

 同州で記者会見したトヨタの豊田章男社長は「新工場が米国のものづくりの新たな成功例になることを確信している」と発言。マツダの小飼雅道社長は「米国で生産・販売を本格化させ、マツダの一段の成長につなげる」と強調した。

 新工場の生産能力は年間30万台で、トヨタの乗用車「カローラ」とマツダが北米市場に投入する新型車を15万台ずつ生産する。マツダは12年ごろに米国での生産から撤退しており、米国での生産は約9年ぶりとなる。

 トヨタにとっては米国で11カ所目の生産拠点となり、完成車工場としては5カ所目となる。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ