車無資格検査 スバル国交省に報告、監査で隠蔽 試験では不正

 SUBARU(スバル)は19日、国の規定に反して新車の無資格検査をしていた原因や再発防止策をまとめた報告書を国土交通省に提出した。国交省などの工場への監査の際には、無資格者を検査ラインから一時的に外すなど隠(いん)蔽(ぺい)とも取れる対応があり、教育課程では試験官が試験の答えを教える不正もあった。

 吉永泰之社長は同日、東京都内で記者会見し、「多大なご迷惑とご心配をかけ、心よりおわび申し上げる」と改めて謝罪した。

 報告書は原因について、経営陣から現場まで検査業務の公益性を十分に理解しておらず、無資格でも「検査に必要な技術を備えていればよい」との規範軽視の風土が根付いていたとした。無資格検査は群馬製作所の2工場(群馬県太田市)で1980年代からあった可能性があり、90年代には定着していたという。

 再発防止策としては検査業務の監査を強化し、完成検査員の教育制度を見直す。今後、完成検査員を生体認証やバーコードで識別するシステムも導入する。

 国交省は新車の無資格検査をしていた日産自動車とスバルに対する行政処分などを年明け以降に判断する見通しだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ