中国の太陽光関連企業の日本支社が撤退か ビルの一室はもぬけの殻 本社からはアナウンスもなく

 中国の太陽電池メーカー大手の「ReneSola」社の日本法人「レネソーラ・ジャパン」(東京都千代田区)の事務所が無人となり、連絡が取れない状態が続いている。

 21日に一報を報じた東京商工リサーチの増田和史情報部課長によると、11月初旬、西日本の企業から「『レネソーラ・ジャパン』と連絡がつかない」と情報提供があり、このころには事務所を撤退していた可能性が高い。

 レネソーラ・ジャパンは中国・上海に本部がある親会社の日本代理店で、東京都千代田区のビルに数十人の従業員でReneSola社製のソーラーパネルやモジュールなどの太陽光部材を日本国内で販売していた。

 親会社のReneSola社は10月に業績が悪化し、太陽電池関連の生産から撤退が報道されており、そのことと関連があるとみられるが、本社からのアナウンスは一切ない。

 24日、東京・西神田のビルを訪れたが、レネソーラ・ジャパンが入る部屋はがらんとしており、だれもいなかった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ