ホンダとソフトバンク、「つながる車」共同研究 渋滞情報など車同士で共有

 ホンダは16日、ソフトバンクと共同で、通信回線に接続して幅広いサービスを提供する「コネクテッドカー(つながる車)」の研究を始めると発表した。車同士で渋滞情報などを共有するコネクテッドカーは、円滑な走行に役立つと期待されている。通信事業者との協業で研究を加速させる。

 ホンダが北海道鷹栖町に持つテストコースを活用し、ソフトバンクが2018年度に超高速の第5世代通信システム(5G)の基地局を設置する。高速で移動する車が、通信する基地局を切り替えながら安定して情報を受信できるかなどを検証する。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ